×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

prism LP jacket

2011.02.09 OUT!
KEESHKAS soundservice
1st full album [PRISM LP]
A fulcrum records/ULTRA-VYBE,INC
including 9tracks/total time 43:15
定価¥1,260(税抜き価格¥1,200)

Amazon.co.jpでのご購入はこちら
  • 今の時代の音楽には無いドキドキ感。それを求めて僕はよく90年代前半の音楽を聞くのですが、
    このalbumではまさにその時代の音が鳴っています。
    どこまでも耽美なシンセの調べ。
    Queerのイントロの時点で膝がガクブルしてます。
    ただひたすら、大好きです。
    - KENT(Lillies and Remains)

  • アナログとかデジタルとかよくわかってなかった子供の頃、高速戦隊ターボレンジャーを夢中で
    見てた。
    白黒画面のゲームボーイに憧れた僕は、ウォークマンより先にイヤホンを買った。
    その時の印象はよく覚えてないが、確かこんな感じだった気がする。
    - スギハラジュンペイ(mothercoat)

    脳内で鳴るPOP
    細胞に響くPOP
    - takuto(about tess)

  • あの日確かに「解放者」だった彼らの放った光線は、遂には誰もが辿り着けなかったスペクトルを成し、 ようやくここにいる僕たちにまで届くこととなった。
    嬉しいことに僕は彼らのおかげで今も尚、"この"音楽には手を出せないまま、ただ身を委ねることしかできないでいる。
    - 藤島泰文(urbansole)

    ひとつずつ着実に積み上げてきたバンドとしての強さは、 ニューウェーブやダンスミュージックへの愛に溢れたこの"ロック"アルバムが証明しています。
    そして僕は踊らずにはいられません。 THIS IS BEAT COMMUNICATION!!
    - 渋谷孝政(the hills)

biography

photo

80's NEW WAVEへの憧れと21世紀の電子音楽を融合させる、新潟在住の4人組。
マシン・ビートの冷たいグルーヴとメランコリックなメロディが有機的に結合する、独自性の強いサウンドを展開している。
地元新潟及び東京都内での演奏活動を重ねる一方で、8otto・group_inou・凛として時雨・Lillies and Remainsらをゲストに招いたイベント=A fulcrumを主催。
毎回盛況を誇る。
2013.6.5、GnashtoneとのSplit EP"Resonance EP"をリリース。

gig

2014.12.21(sun) at CLUB RIVERST
A fulcrum vol.25

open.17:30/start.18:00
adv.2,000yen/door.2,500yen
・・・・・・・・・・・・・・・・
[cast]
She Her Her Hers
KEESHKAS soundservice
the hills
midnight parade
The Sunny
underhead
THE WANTAROSS(O.A.)

2014.12.28(sun) at LIVE HOUSE J
kOTOnoha Presents「イキヅクオト 第一夜」

open.17:30/start.18:00
adv.1,500yen/door.1,800yen
・・・・・・・・・・・・・・・・
[cast]
kOTOnoha
KEESHKAS soundservice
The Fatal Error(東京)
asthenia(東京)
hi(岐阜)

twitter